2020年2月25日 08:00お花見の持ち寄りメニュー、何にする?おすすめ料理とお菓子をご紹介

手作り料理を持ち寄るお花見に呼ばれたときは、どんなメニューを作ろうか悩んでしまいがち。

気軽につまめる一品料理や小腹を満たせるお菓子は、料理初心者でも簡単に作れるだけでなくきれいに仕上げられるのでおすすめです。

かわいいカップやきちんと閉められるフタを使ってラッピングすれば持ち運びやすく、料理をおしゃれに演出することも可能。

今回は、楽しいお花見にぴったりな持ち寄りメニューや、ラッピングのポイントなどをご紹介します。

 

お花見の持ち寄りメニューのポイント

お花見の持ち寄りメニューで重視したいポイントは、食べやすさと見た目です。

たくさんの人が集まるお花見では、それぞれが好きなタイミングで料理を手に取りたいもの。

そのため、カットしたり取り分けたりなどが必要となるボリューミーなメニューよりも、気軽につまんで食べられるような一口サイズのメニューが喜ばれやすいです。

華やかでおしゃれな見た目の料理やお菓子は写真映えするだけでなく食欲も刺激しやすいので、みんなが手を伸ばしてくれますね♪

 

メニューの数や季節感も工夫しよう

同僚やサークル仲間、友人家族と一緒にお花見をする場合など大人数で楽しむときは、料理が減るスピードも速くなりがち。

すぐに食べ切ってしまわないよう、料理やお菓子の数をたくさん作っておくと安心です。

 

1人分の量や個数が把握しやすい持ち寄りメニューであれば、お花見に参加する人数に合わせて調整しながら作れます。

ピンク色や黄色、緑色の食材を使ってかわいいカラーに仕上げたり、桜モチーフの型を使ったりすれば、定番メニューもお花見にぴったりな見た目に早変わり!

春らしいデザインのカップに持ち寄りメニューを入れると、料理初心者でも簡単に季節感を演出できるのでおすすめです。

 

お花見の持ち寄りにおすすめの料理

花見用のサンドイッチ
手軽におしゃれな持ち寄り料理を作りたいというときは、サンドイッチや手まり寿司、カップグラタンなどがおすすめ。

 

サンドイッチは挟む具材を工夫すれば味に変化を付けることもでき、あらかじめ一口サイズにカットすると大人数でも気軽に食べやすくなります◎

ころころとした形がかわいい手まり寿司を作るときは、春らしいカラーの食材や桜の型抜きを使い、お花見らしい雰囲気を演出するのもポイント。

 

シンプルながらも凝って見えるカップグラタンはお酒のおつまみとしてもよく合うため、大人が集まるお花見にもぴったりです。

カラフルなデザインの小さめサイズのカップを使えば、簡単にかわいい見た目に仕上げられます。

 

メイン料理もアレンジ次第で食べやすく!

唐揚げやフライドチキン、ハンバーグといった子供が大好きな料理も、アレンジ次第でおしゃれな持ち寄りメニューに大変身!

 

あらかじめ一口分サイズに仕上げておくことで大人数でも気軽に手を伸ばしてもらいやすいだけでなく、一度にたくさんの量を作ることが可能です。

メイン料理として華やかな雰囲気を演出したいというときは、料理を大きめサイズのカップに盛ってインパクトを出すのもおすすめですよ♪

 

お花見の持ち寄りにおすすめのお菓子

桜の花と桜餅
お花見で食べる持ち寄りおやつには、桜餅や三色団子といった和風のお菓子がぴったり。

春らしさを感じられるだけでなく、大人数でも手を伸ばしてもらいやすいサイズに仕上げられるのも魅力的です。

 

桜餅は生地を小麦で作る「関東風」ともち米で作る「関西風」の2タイプがあるため、お花見に参加する人の好みに合わせた種類を選ぶと喜ばれます。

シンプルながらもかわいい三色団子は、重ねて置くと生地同士がくっついてしまいがち。

片栗粉を薄くまぶしておくと生地同士がくっつかず、ぱっと手軽に取りやすくなります。

持ち寄りお菓子を透明なカップやパックに入れればおしゃれに見えるだけでなく、写真映えも抜群です◎

 

生地や味を工夫すればお花見スイーツも簡単!

パウンドケーキやカップケーキなど手作りスイーツの定番メニューも、抹茶や桜パウダーを加えるだけでお花見らしいお菓子に早変わり。

小豆やあんこ、きなこなどの食材も使うと、手軽に和の要素をプラスできるのでおすすめです。

 

パウンドケーキは、あらかじめ1人分ごとにカットしておくと手軽に食べやすくなります。

カップケーキはクリームを絞ってデコレーションしたりトッピングをしたりと、見た目や味に変化を付けるとバリエーションが豊富に。

 

持ち寄りするときのラッピングのポイント

手作りした料理やお菓子をきれいに持っていくためには、ラッピングにもきちんと気を配るのが大切。

汁気のある料理はこぼれないように深めの容器に入れる、風が吹いたときに倒れないよう背の高い容器は避けるなどの工夫をしましょう。

砂やホコリなどが入らないよう密閉性に優れたタイプを選ぶなど、衛生面には十分に配慮するのも大切です。

 

持ち寄りメニューが美味しそうに見えるラッピングは?

内側が白い色のカップやクリアタイプのカップを使うと食材の色が引き立つため、料理やお菓子がより美味しそうに見えます。

カップに透明なフタを被せるとゴミが入るのを防げるだけでなく、中身が一目で分かるのでとても便利。

カラフルな色や春らしいデザインのカップを使えば、お花見にぴったりな華やかで楽しい雰囲気を演出することが可能です。

 

おわりに

こだわって作った持ち寄り料理やお菓子は、見た目も楽しみながら美味しく食べてもらいたいもの。

料理やお菓子を入れるラッピング用品は、お花見メニューに適したタイプを使うのがおすすめです。

 

桜のデザインがかわいい「XS841 ロールフリーカップ (スプリング) https://www.temma.co.jp/xs841/」は、パーティーメニューを華やかに見せたいときにぴったり。

チキンなどのおつまみを入れたり、一口サンドイッチを立てて入れたりとさまざまな使い方ができるのも魅力です。

「F-RSF2 ロールフリー用PET蓋 (透明) https://www.temma.co.jp/f-rsf2/」でしっかりとフタをすれば砂やゴミが入る心配もなく、風が強い日のお花見でも安心。

 

便利なラッピング用品を上手に使って、手作りの持ち寄りメニューをもっとおしゃれに仕上げましょう。

いいね いいね!
読み込み中...
Categoly: 特集 営業担当 三原

関連記事

商品検索