2020年2月12日 08:00バレンタインに♪パウンドケーキの丸ごと&小分けのラッピング方法

ふんわりとした食感が美味しい手作りパウンドケーキは、バレンタインにもおすすめのスイーツ。

贈る相手の好みに合わせて味やトッピングを変えられるので、どんな人にも喜んでもらいやすいのが魅力です。

 

今回は、バレンタインにぴったりなパウンドケーキのラッピング方法をご紹介します。

パウンドケーキは1本丸ごとラッピングしたり小分けにしたりと、シーンに合わせてさまざまな渡し方も可能です。

リボンやシールを使ってかわいいラッピングを施せば、おしゃれなプレゼントに仕上がりますよ。

 

バレンタインにはパウンドケーキをプレゼントしよう

ハートをあしらったパウンドケーキ
バレンタインにはチョコレートを渡すイメージが強いですが、プレゼントした手作りスイーツを気軽に楽しんでもらいたいときはパウンドケーキがおすすめ。

フレーバーやトッピングに変化を付けやすいので、贈る相手の好みに合わせてぴったりの味を作れます。

 

パウンドケーキが持つさまざまな魅力とは?

パウンドケーキは材料を混ぜて焼くだけとレシピがシンプルなので、失敗が少ないのが大きな特徴。

泡立てのような難しい作業もなく、工程を間違えたり材料が固まらなかったりといったトラブルも起きにくいため、スイーツ作り初心者でも安心です。

 

プレーンの生地にココアや抹茶といった素材を加えるだけで、簡単に味のアレンジができるのも魅力的◎

チョコチップやドライフルーツ、ナッツを混ぜるとカットしたときの断面がおしゃれに見えるだけでなく、食感の変化も楽しんでもらえます。

ブランデーやシェリー酒などの洋酒をプラスすれば、深みのある大人向けの風味に仕上がりますよ。

 

また、友達や同僚へ配る場合など、スイーツを大量生産したいときにもパウンドケーキは大活躍!

1本をカットして小分けにすれば、たくさんの量を一気に用意することができます。

異なる味のパウンドケーキを組み合わせて一緒にラッピングし、カラフルなプレゼントにアレンジすると見た目も華やかです。

 

本命や家族に♡パウンドケーキの「丸ごと」ラッピング方法

本命のお相手やご家族など「特別な人」にプレゼントするときは、手作りのパウンドケーキを丸ごと1本贈るのがおすすめです。

紙で作られた型なら軽くて持ち運びも容易ですし、ラッピングから取り出したあともかわいい見た目をそのまま楽しめます。

余分な手間や時間を減らせるだけでなく、プレゼントにぴったりな贅沢で豪華な印象を与えられるのが、丸ごとラッピングの魅力です。

 

「切らずにそのままプレゼントしたいけれど、あんまり量が多いとかえって迷惑になるかも…」

と心配な方には「BT64ミニパウンドトレー (パウンド小麦) https://www.temma.co.jp/bt64/」のような小さめのミニパウンド型がおすすめ。

ミニパウンド型なら1人用のプレゼントでもカットせず、そのままきれいにラッピングができますよ◎

 

OPP袋やワックスペーパーでおしゃれにラッピング

透明なOPP袋やかわいいワックスペーパーを使えば、パウンドケーキを1本丸ごとラッピングするのも簡単!

OPP袋に入れるとパウンドケーキに施したトッピングがよく見えるため、ナッツやドライフルーツ、シュガーコーティングなどでデコレーションしたときにも適しています。

袋の上から太めのリボンを十字にかければ特別感を演出でき、大切な相手に喜んでもらえること間違いなし♡

 

手軽におしゃれな雰囲気へアレンジしたいときは、ワックスペーパーを活用しましょう。

ワックスペーパーでパウンドケーキを巻いてリボンをかけるだけで、きれいに包装したプレゼントのような見た目にラッピングできます。

趣ある英字デザインやバレンタインモチーフの柄など、贈る相手に合わせて好みのカラーを選べるのもポイント。

隙間から油やかけらが出てしまうのを防ぐため、OPP袋に入れてからワックスペーパーで包むと安心ですね♪

 

友達や同僚に♪パウンドケーキの「小分け」ラッピング方法

小分けにしたパウンドケーキ
友達や同僚に配る場合には、大きめのパウンドケーキをカットして一切れずつプレゼントする方法がぴったり!

かわいいラッピンググッズを上手に活用すれば、一切れでも写真映えするおしゃれな見た目に仕上げられます。

 

リボンやレースペーパーを使ってカラフルにアレンジ!

小分けにしたパウンドケーキのラッピングには、リボンやレースペーパー、シールなどカラフルなグッズを使うのがおすすめです。

OPP袋に入れ上部をくしゅっとまとめてリボンで結ぶだけで、お店で売っているようなかわいい見た目のスイーツに!

レースペーパーと一緒に入れれば華やかさもプラスされ、上品な印象のラッピングに仕上がります。

袋に入れるだけではちょっと見た目が寂しいと感じる場合には、最後にシールを袋へ貼ると良いでしょう。

 

使うラッピンググッズのデザインは、パウンドケーキの見た目や贈る相手に合わせてチョイスすると◎

ピンクやレッドといった鮮やかな色を選べばバレンタインらしいかわいい雰囲気に、ゴールドやシルバーなどのキラキラした色を選べば高級感が、ブラウンなどのシックな色を選べば大人っぽい雰囲気を演出できます。

 

パウンドケーキをラッピングするときの注意点

せっかくパウンドケーキを上手に作れても、ラッピングで失敗してしまっては悲しいもの…。

きれいな状態の美味しいスイーツをプレゼントするためにも、ラッピングするときの注意点にもきちんと気を付けながら仕上げましょう!

 

焼成後よく冷ましてからラッピングやカットを

焼きたてのパウンドケーキをすぐに包んでしまうと蒸気によって袋に水滴が付き、パウンドケーキの表面が濡れることがあります。

濡れた生地はびしゃっとした食感に変わり、あまり美味しくなくなってしまうことも…。

そのため、パウンドケーキはOPP袋に入れる前にしっかり冷ましてからラッピングするのが大切です。

 

また、小分けにラッピングするときもパウンドケーキを冷ましてからカットします。

粗熱が取れていないまますぐにナイフを入れるとパウンドケーキの形が崩れてしまい、きれいにカットすることができません。

パウンドケーキが焼き上がったら、ケーキクーラーなどの上に置いて冷ましておきましょう。

 

ラッピング中はパウンドケーキを押さないように気を付けよう

ラッピングしているときはつい夢中になり、ワックスペーパーの包み方やリボンの結び方などへ意識が向いてしまいがち。

ぎゅっと強く袋を引っ張ったり、指で押したりしてパウンドケーキの生地を押さないように気を付けるのがポイントです。

パウンドケーキを入れるOPP袋も、大きめのものやマチ付きタイプを選んで余裕を持たせるときれいにラッピングできます。

 

おわりに

食べ応えのあるパウンドケーキは、おしゃれなバレンタインスイーツを簡単に作りたいときにぴったり。

本命の相手はもちろん、友達や同僚などへも気軽に配れるのが大きな魅力です。

 

ミニパウンド型を使ってパウンドケーキを丸ごと1本プレゼントすれば、インパクトも十分。

小分けにしたパウンドケーキは断面がよく見えるので、美味しそうな見た目に仕上がります。

 

シーンに合わせてさまざまなラッピンググッズを活用すれば、個性あふれるプレゼントに大変身!

自分らしく工夫したこだわりのパウンドケーキをかわいくラッピングして、大切な相手へ贈りましょう。

いいね いいね!1件
読み込み中...
Categoly: 特集 営業担当 三原

関連記事

商品検索