2019年10月15日 10:00クリスマスのお菓子・パネトーネのおしゃれなラッピングアイデア3選

寒い冬にやってくるクリスマス。

おなじみホール型のクリスマスケーキをはじめ、クリスマスクッキーやブッシュドノエルなど……。

季節柄、クリスマスのお菓子には焼き菓子がとても多いことが特徴です。

 

今回は、そんな温かみを感じるクリスマスのお菓子の1つ「パネトーネ」を、季節感たっぷりにラッピングするアイデアをご紹介します。

「パーティーで他の人とかぶらないお菓子を作りたい」という方なら、それほど知名度の高すぎないパネトーネはねらい目ですよ。

お友達同士やママ友同士でのスイーツの持ち寄りパーティーなどを計画している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

クリスマスのお菓子・パネトーネとは?

クリスマスのお菓子・パネトーネ
クリスマスのお菓子の1つ・パネトーネ(パネットーネ)は、イタリアの焼き菓子です。

生地を発酵させて作る製法のため、厳密に言うと「焼き菓子とパンの中間」のような位置づけになるかもしれません。

円筒形のお菓子のため、ご家庭ではマフィン型などを用いて焼くことが多いでしょう。

生地に木の実やぶどうなどの果物を混ぜて焼きあげる、素朴な味わいが魅力です。

 

イタリアではクリスマスシーズンになると、日本のお歳暮のようにパネトーネを手土産にして挨拶回りをする習慣があるそう。

生菓子よりも日持ちがするので、確かにプレゼント向きですね。

 

ちなみに、「パネトーネ」という名前は、元々イタリア北部特有の酵母「パネトーネ種」からとったもの。

この酵母を用いて発酵させる方法が、本来のパネトーネの作り方です。

しかし、パネトーネ種はイタリア北部以外の地域では培養が難しいとされています。

そのため、日本のご家庭で作る場合はイースト菌が代用されることが主流です。

 

パネトーネのおしゃれなラッピングアイデア

パネトーネのおしゃれなラッピング
パネトーネは、見た目が素朴なためラッピングが映えるお菓子です。

おしゃれなラッピングを施したパネトーネには目新しさもありますし、この冬のSNS映えを狙うにも最適でしょう。

 

ここでは、クリスマスパーティーやプレゼント用に、パネトーネをおしゃれにラッピングして贈るアイデアについて、詳しくご紹介します。

 

【1】ワンポイントのみの上品ラッピング

パネトーネを作るときは、紙製のマフィンカップに生地を流して焼くと、手軽で見栄えも良くなります。

かわいいプリントが施されたマフィンカップなら、ラッピングに凝らなくても十分おしゃれに仕上がるでしょう。

 

出来上がったパネトーネをそのまま透明無地の袋に入れ、口を細身のリボンで留めるだけでも、シンプルで存在感抜群。

リボンの代わりにポインセチアの花やヒイラギの葉、金のベル付きのモールなどクリスマスを感じられるグッズで留めても◎

さらにクリスマス気分が盛り上がりますね。

 

【2】ひと手間かけたアイデアラッピング

パネトーネは、手に持つとずっしり重量感があるところが特徴です。

そんな存在感を生かした、ラッピングアイデアを考えてみましょう。

 

例えば、ラップや透明無地の袋でパネトーネを包んでから、さらにクリスマス柄の包装紙で全体を包めばゴージャスなイメージに。

リボンで留めてプレゼントボックスのように見せたり、グラシン紙と薄葉紙(またはカラー不織布)で包んで口を結んだりしても高級感が出ます。

その際は、パネトーネと薄葉紙が直接触れないよう、グラシン紙を内側にするなどの工夫をしましょう。

 

同じお菓子でも、ラッピングが豪華だと受け取ったときにさらにうれしくなるもの。

手渡したときの笑顔を思い浮かべながら、大切な誰かのために心を込めてラッピングしてみてください。

 

【3】かんたんで華やかなラッピング

「凝ったラッピングに憧れるけど、できれば簡単に済ませたい」という方にも、おすすめのアイデアがあります。

まず、クリスマス柄の紙製マフィンカップなどでパネトーネを作ります。

それをクリスマスモチーフのケーキピックでデコレーションしたり、クリスマス柄の袋で包んだりするだけで一気に華やかに。

 

小さなサイズのパネトーネをたくさん作ったときは、それらをクリスマス柄の紙製トレーやパウンドケーキの型に並べ、さらに透明無地の袋で包んでリボンで留めるなど……。

ただ「包んで飾る」だけのお手軽なラッピングですが、とても凝った見た目に仕上がります。

 

ちょっと気合いを入れて包みたいなら、パネトーネ本体を透明無地の袋で包み、帽子をしまう箱のような平たい円筒形のプレゼントボックスに入れるアイデアもおすすめ。

「いったい何が入っているの!?」と、もらった人がちょっとサプライズ感を楽しめるかもしれません。

 

おわりに

今回は、イタリアのクリスマス菓子「パネトーネ」についてご説明しながら、手作りのパネトーネをおしゃれにラッピングするアイデアをご紹介しました。

 

パネトーネはルックスがシンプルなため、ラッピングに加えてお菓子自体のトッピングアイデアを工夫する方法もおすすめ。

焼き上がって冷ました表面に粉砂糖をふりかけたり、スライスナッツを乗せたりするとより一層特別感を出せます。

ぜひ、カラフルで自由なラッピングを工夫し、手作りのパネトーネをクリスマスパーティーの主役にしてみてください!

いいね いいね!7件
読み込み中...
Categoly: 特集

関連記事

商品検索