2019年9月26日 08:00ハロウィンで配るお菓子は何がいい?詰め合わせ例と配り方をご紹介

ハロウィンで配るお菓子
ハロウィンの必須アイテムといえば、何を思い浮かべますか?

かぼちゃやお化け、魔女などのモチーフと一緒に「お菓子」と答える方も多いでしょう。

 

そこで今回は、ハロウィンの行事に欠かせない「お菓子」について、おすすめの品目や詰め合わせ方法、ラッピングアイデアなどをご紹介します。

「子どもたちとパーティーをするけれど、市販のお菓子をそのまま配ることは味気ない。どうしよう?」とお悩みの方も、ぜひご参考にしてください。

 

ハロウィンで配るお菓子はどんなものがいい?

ここでは、ハロウィンの行事やパーティーで配るお菓子の種類について、おすすめをご紹介します。

 

1.ご近所の子どもに配るなら

小さなお子さんがご近所を回ってお菓子をもらい歩くイベントを、自治会やマンションなどで行うことも増えていますよね。

子どもにとってはとても楽しみなイベントですが、保護者の中には衛生上の問題を気にされる方もいますから、市販のお菓子を詰め合わせる方法が無難でしょう。

市販のパッケージそのままで配ることは気が引けるなら、個包装のお菓子をハロウィン柄の袋に詰め合わせるとイベント感を演出できます。

 

2.親しいお友達やご家族、彼や彼女に渡すなら

少人数の親しい人にあげるお菓子は、やっぱり手作りがおすすめ

料理に自信がない方でも、お菓子作りはきちんと材料を量って手順通りに作れば大丈夫!

マフィンやパウンドケーキなどの焼き菓子を、心を込めて手作りし、かわいくラッピングして渡せばきっと喜んでくれるはず。

 

ハロウィン用のお菓子の詰め合わせにおすすめのお菓子

ここでは、ハロウィンのお菓子の詰め合わせを作るときにおすすめのお菓子の種類・組み合わせについてご紹介します。

どのようなお菓子をチョイスし、どのように詰め合わせるかイメージしながら選んでみましょう。

 

1.サイズが小さめのお菓子
ハロウィン用のお菓子の詰め合わせ

袋にたくさん詰め合わせてにぎやかな印象にするなら、1個のサイズが小さなものをたくさんそろえるのがおすすめです。

個包装のプチクッキーやチョコ、キャンディなどを袋に詰めて、楽しくポップなイメージで。

 

2.カラフルで楽しいお菓子

ハロウィンのテーマカラーといえば、オレンジ・紫・黒などでしょう。

包装にそれらの色合いがあしらわれたお菓子や、かわいいハロウィン風のイラストが描かれたパッケージのお菓子などがおすすめ。

 

3.メインを張れる手作りお菓子

もし手作りのお菓子を配れる状況なら、マフィンや小さめのパウンドケーキ、カップケーキなどのボリューム感のある焼き菓子を手作りして、詰め合わせのメインにするのがおすすめ。

それに市販のキャンディやマシュマロ、チョコやジェリービーンズなどを詰め合わせると、バラエティ豊かで楽しい贈り物になるでしょう。

 

ハロウィンで配るお菓子の詰め合わせをかわいくラッピング!

ここでは、詰め合わせたお菓子をかわいいラッピングで飾るアイデアをご紹介します。

シンプルなお菓子でも、ラッピングのアイデア1つでぐんとにぎやかな印象にできます。

 

1.小さく袋詰めしたお菓子を、ハロウィン風の容器に入れてプレゼント!

ひと口サイズのお菓子なら、小分けに包装したものをまとめてハロウィンイメージの容器に詰めると雰囲気が出ます。

個包装のお菓子も、ジャック・オー・ランタン型の入れ物やハロウィンの柄が描かれたバケツなどに入れて、豪華に装ってあげましょう。

 

2.コンパクトな詰め合わせなら、外袋をハロウィンイメージに!

子どもたちに手渡せる小さなお菓子の詰め合わせなら、まずは透明無地の袋を用意してそれにまとめて詰めるのがおすすめ。

もちろんそれだけでは味気ないですから、その袋詰めをさらにハロウィン柄の小さめの紙袋に入れて、ぎゅうぎゅうに詰まった印象を演出します。

お菓子が紙袋からはみ出して見えるようにすることで、にぎやか感が倍増するはず。

 

市販のお菓子だけを詰め合わせる場合も、できればハロウィンらしい袋やカップに入れてラッピングすることがおすすめ。

「今日だけの特別なお菓子」のイメージを大切にして、受け取った方が笑顔になれる演出を考えてみてくださいね。

 

ハロウィンのお菓子の配り方

ここでは、詰め合わせたハロウィンのお菓子を配るときのアイデアをご紹介します。

ハロウィンでお菓子を受け渡すときの風習を取り入れながら、サプライズ感の演出も忘れずに。

 

「トリック・オア・トリート」への返事は?

訪ねてきた子どもたちが「Trick or Treat!」と言ったら、「Happy Halloween!」と返すのがハロウィン行事の伝統です。

詰め合わせたお菓子をカゴに入れて片手に持ち、そこから包みを1つずつもう片方の手で取って子どもたちに手渡してあげましょう。

 

仮装して楽しく配るのもアリ♪

家を訪ねてくる子どもたちは、きっと楽しく仮装してくるはず。

お菓子を渡す側は基本的に仮装しなくて良いのですが、仮装してお菓子を配ってもよりハロウィン気分が盛り上がるでしょう。

 

おわりに

今回は、ハロウィンのお菓子を配るときの詰め合わせ方やハロウィンムードが盛り上がるラッピングの方法、そしてハロウィンならではのお菓子の配り方についてご紹介しました。

 

ハロウィンは年に1日だけの行事ですから、盛大にパーティーを開いて楽しむことを計画している方も少なくないでしょう。

市販のちょっとしたお菓子も、詰め合わせて楽しく包装することで喜んでもらえるプレゼントになります。

せっかくならひと工夫して、子どもたちの笑顔を呼ぶ贈り物を準備しておきたいですね。

いいね いいね!6件
読み込み中...
Categoly: 特集 営業担当 三原

関連記事

商品検索