2019年8月1日 15:06シフォンケーキの保存方法は?冷凍保存してもふわふわ感をキープしたい…!

ふわふわの軽い口当たりと、背の高い特徴的な見た目が魅力のシフォンケーキ。

「手作りしたものや買ってきたものは、何日ぐらい日持ちするの?」
「冷凍保存すれば長持ちさせられる?」
など、さまざまな疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

そこで今回は、シフォンケーキの新鮮さとおいしさをキープしながら保存する方法についてご紹介します。

「シフォンケーキが食べきれず余ってしまった。冷凍したい」
「長く保存しても、ふわふわの食感を楽しみたい」

という方は、ぜひご参考にしてくださいね。

 

シフォンケーキの保存方法は?

すぐに食べることができなかったシフォンケーキや、残ってしまったシフォンケーキは保存することができます。
適した方法できちんと保存すれば、ある程度時間が経ってもふわふわ感を損なうことなくおいしく食べられるでしょう。
ここでは、シフォンケーキを常温保存する方法についてご紹介します。

【常温保存なら、その日のうちに食べきるのがおすすめ】

買った(手作りした)その日のうちに、すぐに食べきるなら常温のまま保存しても大丈夫でしょう。
ただし、季節などによっては注意が必要なので食物が傷みやすい時期には注意したほうが良いでしょう。
基本的には24時間以内に食べきることが目安ですが、季節によってはおいしく食べられる期間がもっと短くなることもあり得ます。
また、シフォンケーキには生クリームなどを添えて食べることも多いもの。
クリーム類は生ものですから、ケーキと一緒に保存はせず食べるとき添えるようにしましょう。
クリームやフルーツなどの生ものがデコレーションされたシフォンケーキの場合は、状況にもよりますが冷凍もしくは冷蔵で保存することがおすすめです。

シフォンケーキの保存方法(冷凍する場合)

冷凍保存の方法

シフォンケーキを買ったり作ったりして「すぐには食べきれない」と思ったときには、冷凍して保存する方法がおすすめです。
冷凍保存した場合は、最長で1か月ほどが保存期間の目安です。
できるだけ長期保存したいと考えているなら、冷凍保存がおすすめ。
シフォンケーキを冷凍保存する場合、食べるときのようにカットした状態でラップに包み、個包装の状態にしてから冷凍庫へ収納すると良いでしょう。

ただし手作りした場合、焼き上がりの直後に冷凍してしまうことはNGです。
必ず、冷ましてからカットして冷凍しましょう。

解凍方法

いったん冷凍したシフォンケーキをおいしく食べるには、解凍の方法も大切。
冷凍のシフォンケーキを解凍する際には、冷蔵庫で一晩かけて解凍する方法か、常温でふわふわになるまで自然解凍するようにしましょう。
焼きたてのふわふわ食感を損なうことなく、おいしく食べることができます。

冷蔵保存の方法

冷凍するほど長期保存する予定がない場合(翌日や2日後くらいに食べきる予定の場合)は、冷蔵保存でも良いでしょう。
最長で3日後が、おいしく食べきる目安です。
特に夏場などはなるべく常温保存は避け、冷蔵または冷凍で保存するようにしてください。
シフォンケーキを冷蔵保存する方法は冷凍の際とほぼ同じで、カットしてからラップに包んで個包装してから冷蔵庫へ入れてください。
この場合も焼き上がり直後に冷蔵庫へ入れることはNGで、冷めてからカット・個包装・冷蔵を行いましょう。

保存期間が長くなりすぎると、シフォンケーキが固くなってしまったり、果物の水気が出て生地がふやけてしまったりする可能性があります。
いずれにしても、保管後は早めに食べるよう気を付けましょう。

 

シフォンケーキの「ふわふわ感」も保存するには?

冷凍、冷蔵、常温と保存期間に応じたシフォンケーキの保存方法をご紹介しました。
ここでは、保存してもふわふわの状態でシフォンケーキをおいしく食べるための「保存のコツ」を最後にご紹介します。

1.カット面は少なくする

冷蔵・冷凍保存の場合、カットしてから保存することが基本ですが、カット面が大きくなるほどそこから水分が蒸発しやすくなります。
水分量をキープして風味を保つには、カットする面はできるだけ少なくなるようにしましょう。

2.ラップとジップ付き保存袋をダブルで使う

シフォンケーキをはじめとする小麦粉から作られる食べ物は、他の食べ物の匂いが移りやすいという点に注意しましょう。
他の食品の匂いが移ると風味を損なう原因になりますから、冷蔵庫や冷凍庫内での匂い移りを防ぐことは必須です。
カットしたシフォンケーキをいったんラップで包んでから、さらにジップ付き保存袋でガードしましょう。
少しでも匂い移りを防ぐために、できる対策は万全にしておくことがおすすめです。
もちろん、匂いの強いほかの食材などと一緒に収納しないことも大事です。

おわりに

今回は、シフォンケーキを保存する方法について、常温・冷蔵・冷凍の3つをご紹介しました。
手作りシフォンケーキを日持ちさせるには、作るときのシフォンカップ(紙製の型)選びもポイントです。
専用の蓋ができる白無地のシフォンカップSC840や、おしゃれな雰囲気の茶無地のシフォンカップSC844が選べるほか、容器の専用蓋F-CC シフォン用PET蓋もあります。
焼いたシフォンケーキをすぐ食べる予定で常温保存する場合、シフォンカップでシフォンケーキを焼いてから冷まし、専用蓋でしっかり蓋をしてから保存するとより安心ですね。

いいね いいね!7件
読み込み中...
Categoly: 特集

関連記事

商品検索