2020年5月26日 10:00レアチーズケーキの型はどんなものを使えばいい?型の外し方も解説!

クリームチーズの濃厚な風味が贅沢なレアチーズケーキは、おもてなしスイーツにもぴったりのケーキ。

レシピもシンプルなので、子どもと一緒におうちでケーキ作りを楽しみたいときにもおすすめのお菓子です。

 

レアチーズケーキ作りにチャレンジする際、気になるのが使用する型の種類。

せっかく上手に作れたのに、型の外し方が分からず形が崩れてしまったという経験をお持ちの方も多いでしょう。

今回は使いやすいレアチーズケーキの型の種類や、きれいに抜ける型の外し方をご紹介します。

 

レアチーズケーキの魅力

カットしたレアチーズケーキ
作り方がシンプルで作りやすい!

レアチーズケーキの基本的な材料は、クリームチーズやグラニュー糖のほか、ゼラチン、生クリームなど。

作り方も材料を順番に混ぜ合わせて型に流し、冷蔵庫で冷やすだけとシンプルで、お菓子作り初心者でもチャレンジしやすいのが特徴です。

クッキー生地の土台を作る場合は、あらかじめグラハムクラッカーやバターを混ぜた生地を型の中に敷き詰めておきます。

 

オーブンなどを使わずに作れるので手軽で、完成後はすぐに食べられるのが魅力的!

温度管理をしたり焼成後に粗熱を取ったりする手間もないので、スムーズに作業を進めやすいのもうれしいポイントです。

 

おしゃれなアレンジも簡単♪

レシピがシンプルなレアチーズケーキは、ほかの食材をプラスするだけで簡単にアレンジしやすいのも大きな特徴。

好みやシーン、季節に合わせて個性を出したアレンジをすると、がらっと違う味わいを楽しめます。

 

イチゴやオレンジ、マンゴーなどのフルーツを加えれば、気分をリフレッシュできるさっぱりした風味に大変身。

抹茶やココアといったパウダー類は色が変わりやすいので、マーブル状などおしゃれな見た目に仕上げたいときにもおすすめ。

土台のクッキー生地に使うクッキーの種類を変えれば、風味だけでなく食感に変化を付けることも可能です。

 

レアチーズケーキを手作りするときに使える型

レアチーズケーキを型に入れる様子
「セルクル」という底がない型を使うのが基本

レアチーズケーキを作るときには、「セルクル」と呼ばれる円形の型を使うのが基本です。

セルクルはケーキ用の丸型と似たような形状をしていますが、底がない構造をしています。

そのため、レアチーズケーキの生地を流す際には、シートを敷いたりクッキー生地を詰めたりして、生地が流れ出ないように工夫するのがポイント。

クッキー生地を詰めない場合は、平らなお皿などの上にクッキングペーパーを敷き、その上にセルクルを置いて生地を流します。

 

セルクルは金属製のものが一般的ですが、剥離性に優れた扱いやすい紙製のセルクルもあります。

手軽に使いたいときはもちろん、そのままプレゼントしたいときにもおすすめです。

「A-103 ペーパーセルクル100 (アイボリー) https://www.temma.co.jp/a-103/ 」は耐熱性もあるので、焼き菓子を作るときにも使えます。

 

ほかにどんな型が使える?

オーソドックスなセルクル型のほかにも、ケーキ用の丸型やタルト型、パウンド型、天板でもレアチーズケーキを作ることができます。

底が抜ける丸型は外し方が簡単で、そのままお皿に移しやすいのがとても便利。

底が抜けない丸型を使用する場合は、食べるときのことを考えて剥がしやすい紙製の型を選ぶのがおすすめです。

 

タルト型で作ったレアチーズケーキはフリルのように波打った縁の見た目がかわいらしく、パウンド型はカットしたときの断面を楽しめるのが魅力です。

天板をレアチーズケーキの型に使った場合は、縦に細くカットすればスティック状のチーズケーキに仕上げられます。

 

ほかにも、カップやグラスなどを使えば簡単に1人分ずつ作ることも可能。

ホームパーティーのデザートや、おしゃれなおもてなしスイーツとして非常に喜ばれます。

 

レアチーズケーキの型の外し方

セルクルの外し方

セルクルをレアチーズケーキの型に使い、クッキー生地を土台に敷いた場合は、型の周りを温めて少し溶かし、そっと真上に抜きます。

クッキー生地がない場合は、まずお皿をセルクル型の上に置いてひっくり返し、敷いていたシートを丁寧に剥がしましょう。

土台のあるときの外し方と同様に、真上に向かってセルクル型を抜いたら終了です。

 

底が抜ける丸型の外し方

底が抜けるケーキ用の丸型をレアチーズケーキの型に使った場合は、最初に型の周りを少し温めて生地を緩めたら、コップの上などに型を置きます。

そのままケーキ型の外側を両手で持って下にゆっくり引くと型が外れます。

コップなどの上に残ったケーキは、底板ごとお皿の上へ移しましょう。

底板は包丁やパレットナイフを底板とクッキー生地の間に入れ、少しずつ平行に動かしながら剥がすのがポイントです。

 

底が抜けない型の外し方

底が抜けない丸型やパウンド型、天板などをレアチーズケーキの型に使うときは、ケーキを外しやすくするため、あらかじめクッキングペーパーを敷いておくのが重要。

丸型の場合は細長く切ったクッキングペーパーを十字に置いてから、再び底面と側面にクッキングペーパーを敷いて整えましょう。

レアチーズケーキを型から外すときは十字の部分を持ち、上にゆっくりと引き出します。

パウンド型や天板を使うときは、側面部分にあたるクッキングペーパーを長めにカットし、引き出しやすくしておくのがきれいに外すためのポイントです。

 

隙間から漏れた生地が型とクッキングペーパーの間で張り付いてしまったというときは、無理に引き出さず、丁寧に作業を進めましょう。

お湯などで温めた包丁やパレットナイフを張り付いた部分に差し込み、ゆっくりと剥がす外し方がベストです。

 

おわりに

簡単に作れてさまざまなアレンジも楽しめるレアチーズケーキは、贅沢感ある手作りおやつとしてはもちろん、プレゼントにもぴったり。

扱いやすい素材で作られたエコライトトレーを使えば、型を外さずそのまま食べたり、プレゼントしたりできるためとても便利です。

 

「EL12 エコライトミドル (ナンバー) https://www.temma.co.jp/el12/ 」は白地に数字が印字されたシンプルなルックスで使いやすいトレー。

「EL13 エコライトミドル (ロイヤル) (https://www.temma.co.jp/el13/ )はシックな見た目なので特別感を演出できます。

シーンに合わせて選んだ使いやすい型を活用して、おいしいレアチーズケーキ作りを楽しみましょう。

いいね いいね!2件
読み込み中...
Categoly: 特集

関連記事

商品検索