2020年8月7日 12:00シフォンケーキのおすすめラッピング方法! そのままラッピングとして使える紙のシフォンケーキ型をご紹介

ふわふわシフォンケーキはシンプルな味付けのため、好き嫌いの少ないケーキ!

そのためプレゼントとして作る方も多いのではないでしょうか?

しかし、ラッピングが同じになりがち…という悩みを持った方のために、今回はシフォンケーキのおすすめラッピング方法をご紹介します!

さらに、ラッピングの一部として使える天満紙器のデザイン豊富なシフォンケーキカップの中からおすすめのものを4つご紹介させていただきます。

■シフォンケーキの型の上手な外し方と切り方

シフォンケーキをラッピングする際、型を付けたままラッピングするなら、そのままで良いのですが、大人数に配るためにシフォンケーキを切るときもありますよね?

カットラッピングをするための第一ステップは型から外すこと!

せっかく上手にシフォンケーキが焼けても、型を外すときに失敗してしまったら台無し…。

そこで、紙のシフォンケーキカップの上手な外し方をご紹介します。

合わせて、上手な切り方もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.紙型からの上手な外し方

シフォンケーキの型にはアルミ・シリコン・テフロン加工されたものなど、さまざまな種類がありますが、今回は紙型の上部な外し方をご紹介します。

1-1.手順

シフォン

①胴回りの紙のつなぎ目を剥がす

つなぎ目を剥がす

②底面に折り返してあるつなぎ目を剥がしていく

つなぎ目を剥がしていく

③底面が剥がせたら胴回りを剥がす

剥がす

④逆さにして中筒を内側につぶしながら抜く

手順はたったの4ステップ!

簡単にシフォンケーキを紙型から剥がせるのも天満紙器のカップだからこそ◎

1-2.紙型を外すときのコツ

型を外すステップは4つですが、外すときのコツがあります!

コツをおさえて失敗しないシフォンケーキの外し方をマスターしましょう。

・きちんと冷ます

焼成後すぐのシフォンケーキは蒸気がこもっている状態。

生地が水分を含んでいるため、形が安定していません。

そんな状態で型を外すとシフォンケーキがしぼむ原因になったり、型を外したときにボロボロになる原因になったりします。

逆さを向けてきちんと中まで冷まし、生地が膨らんだままの状態を保たせるのがポイントです。

シフォン

・パレットナイフはできるだけ使わない

どうしても型から生地が外れないときに使うパレットナイフですが、できるだけ使わないのが吉!

パレットナイフを型に沿うように動かさなければナイフの先端が生地に刺さり、ボロボロになってしまう原因に…。

どうしても型が外れないときはシフォンナイフを使うのがおすすめ!

細いつくりになっているため、キレイにカーブに沿わせることができるため、持っていて損はありません。

・ゆっくり丁寧に外す

シフォンケーキを型から外すときは「ゆっくり丁寧に」を心がけましょう。

焦って型から外すと生地がボロボロになる原因になりますし、形を崩すおそれもあります。

はやく型を外したい気持ちを抑え、慎重に型を外しましょう。

2.シフォンケーキの上手な切り方

シフォン

型を外したら次はいよいよカット!

シフォンケーキはフワフワで生地がやわらかいため、気を付けなければせっかくの生地がペチャンコになってしまいます…。

ラッピングをキレイに魅せるためにもキレイに切りたいもの!

カットラッピングをする際の上手な切り方をご紹介します

2-1.刃を温めてから切る

パン切り包丁でも普通の包丁でも、シフォンケーキを切るときはまず温めましょう。

温め方はとても簡単!

バットなどにお湯を張り、そこに浸けるだけでOK◎

面倒な方はお湯をかけるだけでも温まります。

お湯で包丁の刃を温めたあとは、必ず水気を拭き取りましょう。

シフォン

2-2.前後に包丁を動かす

切るときはシフォンケーキを逆さに置き、温めた包丁を生地にあて、前後に動かしながら切るのがポイント!

下におろすように力を入れてしまうと生地をつぶしてしまいます。

前後に動かしながら生地にあまり力を入れすぎないように心がけましょう。

■プレゼントにおすすめ!シフォンケーキデコレーション

シフォンケーキをラッピングするだけでももちろん可愛くなりますが、デコレーションをすると一層プレゼントにピッタリな装いに!

自宅用にしてもデコレーションされているシフォンケーキは見ているだけでも気分が上がります。

今回はシフォンケーキのおすすめデコレーションを3つご紹介します。

1.季節のフルーツで彩り美しく

フルーツケーキ

トップに季節のフルーツをデコレーションすると彩よく、見た目も美しい仕上りになります。

季節感も演出できるのでおすすめ!

フルーツの水気をしっかり切るのがポイントです。

ナパージュや水で薄めたジャムを最後の仕上げにフルーツに付けるとツヤが出てより上品な仕上りになります。

2.ドロップケーキで可愛らしく

ドロップケーキ

シフォンケーキからグラサージュが滴る様が可愛らしい仕上りのドロップケーキはプレゼントにピッタリ!

華やかさと可愛らしさが欲しいときに挑戦したいデコレーションです。

誕生日やパーティーなどにおすすめです◎

3.粉糖でシンプル大人デザインに

ケーキ

粉糖でシフォンケーキをデコレーションすると一味違ったオシャレなシフォンに大変身!

クッキングシートなどで好きなデザインに切り取ってオリジナルのデザインにもできるのがおすすめポイント。

■シフォンケーキのおすすめラッピング!

シフォンケーキをプレゼントする機会はたくさんあるけど、いつも同じラッピングになってしまってつまらない・ラッピングの方法がわからない、そんな方のためにおすすめのラッピング方法をご紹介します!

シチュエーションに合わせたラッピングで同じシフォンケーキでもイメージを変えることができます。どれも簡単なので、ぜひお試しください。

1.専用袋で見栄え良く

ホール型のシフォンケーキをラッピングするなら専用袋がおすすめ!

シフォンケーキ用のラッピング袋は透明で中のケーキが見えるものがほとんど。

デコレーションを華やかにすることでさらに見栄え良く仕上げてくれます。

ワックスペーパーを上手に使ってオシャレに仕上げることもできます。

ケーキ

2.太目のリボンで華やかに

太目のリボンが目を惹きつけるラッピング!

華やかさと上品さを兼ね備えているため、どんなシチュエーションにもピッタリです。

リボンの結び目に小物を組み合わせるとワンランク上の仕上がりに!

3.紙袋でナチュラルな雰囲気に

ワックスペーパーやクラフトぺーパーで作ったオリジナルの紙袋でラッピングをするとオシャレ度UP。

あえてクシャっとシワを作ることでアンティーク感を演出できます。

ペーパーナプキンを貼り付けてオリジナルの紙袋を作るのもおすすめ◎

4.シール・マスキングテープで個性的なデザインに

市販のシフォンケーキの専用袋や紙袋にシール・マスキングテープでオリジナルのデザインに仕上げ個性を出すのも良いでしょう。

プレゼントする相手の雰囲気やシチュエーションに合わせることができるので汎用性があり、おすすめです。

自分でデザインを考える楽しみもプラス!

ラッピング

5.箱に入れて持ち運びやすく

シフォンケーキ用に作られた少し背の高い箱に入れてラッピングをしたら高級感もありながら、シフォンケーキを潰してしまう心配もないので持ち運びしやすいのが特徴です。

シフォンケーキを渡す相手が遠いときにおすすめのラッピングです。

■ラッピングとして人気の紙のシフォンケーキ型4選

そのままラッピングとして使用できる天満紙器で人気のシフォンケーキカップを4つご紹介します。

可愛いカップを選んでステキなシフォンケーキをプレゼントしましょう!

・上品さを演出するエンブレム柄

ケーキカップ

ナチュラルさもありながら上品さと高級感を兼ね備えた茶系のエンブレム柄はラッピングにおすすめ。

・モダンな印象のプロヴァンス柄

ケーキカップ

モダンな印象のプロヴァンス柄は大人っぽさを演出しながら遊び心のあるデザイン。

アンティーク感を演出したいときにもおすすめです。

・誰にでも好まれるナチュラルなロールシフォンカップ

シフォンカップ

発売以来、大好評のロールシフォンカップ!

カップに強度があるので持ち運びの際も潰れる心配がありません。

優しいミルクカラーは誰にでも好まれる色合いとなっています。

・生地が見える特徴的なデザインが印象的なホワイティトール

ホワイティトール

生地が見えるのがオシャレなホワイティトールはスタイルも良いので人気のカップ!

大人数に配りたいときやマーブル生地など、特徴的な生地のシフォンケーキを焼いたときにぜひ使いたいシフォンカップです。

■まとめ

可愛いラッピングで思い出に残るシフォンケーキのプレゼントをしませんか?

ラッピング一つで印象はガラリと変わります。

紙のラッピングなら焼成後、そのままラッピングとして使えるのでとっても便利!

天満紙器が取り揃える豊富なシフォンケーキ用の紙カップなら好みのデザインが見つかります。

理想のデザインのカップが無い場合はデザインから作ることもできますので、ぜひお問い合わせください!

ケーキ屋・カフェなどを経営されている場合は店舗名を入れることもできますのでお気軽にご相談ください。

いいね いいね!1件
読み込み中...
Categoly: 特集

関連記事

商品検索